自分から患者に歩み寄る

長く入院している患者さんでもなかなか心開いてくれないなんて言う人がいるので、こういったことが看護師にとって大きな悩みになると思います。また看護師にとても横柄な態度をとる患者さんや、看護師と口を利いてくれない患者さんなどもいますから、患者さんとのコミニケーションの取り方について悩む看護師はたくさんいると言われているのですが、例えば、なかなか心を開いてくれない患者さんに対し、どうせ仲良くなれないと開き直るのではなく、まず自分から歩み寄っていくことが大切です。患者さんからの返事がなくても自分のプライベートで起きたことを話してみたり、患者さんの顔色を伺いながら今日は顔色が良いですねなんて話しかけてみることも重要だと思います。

仮にこのような話をしても患者さんから返事がないという場合、がっかりする必要はありません。だって返事をしないだけで、患者さんはしっかりとあなたの話を聞いているからです。話を聞きたくない患者さんであれば、あなたの話を聞いているのではなく、出ていってと詰られたり、そんな話は聞きたくないとハッキリ言われたりしますが、返事がなく、黙って聞いてくれている患者さんであれば、どうやって看護師と接していけば良いのか患者さん自身も悩んでいるのかもしれません。開き直ってしまったらそこまでの関係になってしまいますが、看護師が患者さんに歩み寄っていくことによって、そこから関係が変わっていくなんていうこともあります。

看護師求人募集サイトで転職

歩み寄るのと深入りは違う

なかなか心を開いてくれない患者さんに対して歩み寄っていくのは大切なことですが、歩み寄って行くばかりではなく、患者さんから看護師を頼ってきてくれるなんていうことも多々あります。しかしこのように患者さんがやってくれると嬉しいからといって、自分のプライベートなことをベラベラと話してしまったり、患者さんのプライベートのことを次々に聞いてしまうというのは深入りしすぎてしまうことになるので控えなくてはなりません。

こうした部分でどこまで患者さんに歩み寄れば良いのかというのは、とても難しいラインになりますが、この部分についてはやはり経験を重ねていくしかないと思います。中には看護師がどんなに歩み寄っても心を開いてくれない患者さんもいるし、患者さんによって関係性はそれぞれに変わってくると思います。できるだけ歩み寄り、そしてできるだけ距離感を保つようにしていくことが重要です。