無理をし過ぎてはダメ

人手が足りていない職場で働く看護師さんや、ボランティア活動している看護師さんはどうしても無理をしてしまうことが多く、知らず知らずのうちに疲れが溜まっていて突然倒れてしまったりすることがあります。人手が足りていない職場などの場合は休みを取りたくてもお休みを埋める人がいなかったり、自分がお休みを取ってしまえば他の看護師さんに負担がかかってしまうので遠慮したりすることもあります。でもこのような無理というのもほどほどにしておかないと、体は知らず知らずのうちに無理を感じているので、いずれ倒れてしまい、仕事をしばらく休まなければならないなんていうことになってしまいます。

またこのようにお休みに関してのことだけではなく、患者さんとの接し方などについても、自分の中であまりにも無理をしていると何か小さなトラブルがあった際に自信をなくしてしまい、仕事が怖くなるなんていうことがあります。ですから常に全力疾走で無理をするのではなく、適度に息抜きをしたり、しっかりと休みを取るなどと言う事も大切になります。無理をしすぎて良いことは一つもありませんから、ある程度無理をしたら適度に休憩をとるようにしてください。

体力的に無理な職場は選ばないこと

夜勤が頻繁にあったり、交代勤務の中でも、なかなか休みがなく、不安定な生活になってしまうような職場というのは、どうしても体力的に大きな負担がかかります。例えば患者さんとのコミュニケーションがうまく取れないとか、他に働いてる看護師さんとの折り合いが上手くいかないなどといった場合は、精神的な負担になるため、ある程度ストレス発散することや誰かに相談することで解決できますが、体力的な負担というのは解決することができません。しっかりと休みをもらうことができるような職場であれば、体力的な問題も解決できますが、人手が足りていない職場などの場合には解決するのが難しいので思い切って転職を考えるというのも必要になります。

また職場を考える際に大きくて有名な病院だからといった理由などで選んでしまうのではなく、しっかりと休みをもらうことができるのか、また働いてる看護師はどのくらいいるのかということを確認した後で選ぶようにすれば良いと思います。体力的な負担というのは自分ではどうにもできなくなってしまうので、倒れてしまったり、病気になってしまったりすることが無いようにしてください。このように上手に職場探しをしていくというのも看護師としての自己管理の一つになると思います。