息抜きを見付けておく

とてもストレスが溜まる職業として看護師はランク付をすると必ず上位に食い込んでくる職業となっています。たくさんの患者さんや医師、それから看護師に囲まれながら働いていますし、絶対にミスが許されないといった緊張感のある職場ですから、ストレスがたまってしまうのは当たり前のことだと思います。そのため、休日などにどうやってストレスを解消するのか、息抜きの方法を見つけることも大切になってきます。もともと趣味があれば休日に楽しみを楽しむこともできるし、お子さんがいればお子さんと出かけたりすることでストレスを発散する事も可能ですが、特に趣味などもなく、独身の看護師の場合には、次から次にストレスが蓄積されてしまい、最終的にパンクするなんていうこともあるので、自分の中でのストレス発散方法を見つけておかなくてはなりませんよね。

ストレスの発散方法については個人個人で色々なものがあると思います。上記したものだけではなく、特に独身の看護師の場合であればエステに通ってリラクゼーションをしたり、友人と好きなアーティストのライブに行くなんていうのも息抜きになります。また、体を動かすためにジムに行ったりするのもストレス発散になるので、どんなことでも良いからストレス発散方法をしっかりと見つけて適度な息抜きをするようにしてください。

看護のお仕事

スイッチの切り替えが大切。

看護師は休日でも患者さんの心配をすることがあったり、時にはオンコールで仕事に出て行かなきゃならないなんていうことがあるので、スイッチの切り替えが非常に難しい仕事だと思います。しかしできるだけ自分の中で上手にスイッチの切り替えをするようにしていかないと、ストレスに押しつぶされてしまうので、仕事のスイッチとプライベートのスイッチの切り替えを上手に行っていきましょう。基本的には休日はプライベートのスイッチで良いと思います。ただ、オンコールが入った時などには、即座に仕事のスイッチへと切り替えなくてはならないので、初めは慣れないことばかりで大変だと思いますが、徐々に慣れていくようにしていけば、自然に切り替えも上手にできるようになると思います。

どうしても自分ではスイッチの切り替えが上手にできない場合には、お休みの日に自分の好きな映画をDVDで見たり、半身浴をしたりと息抜きができるような行動をとるようにしてみてください。こういったことを繰り返すうちに自然とスイッチの切替ができるようになっていく看護師さんがほとんどです。