復帰するときは新人です

一度看護師として働いていた経験を持つ人でも、しばらく職場を離れるなんていうことがあります。結婚を理由にしたり、出産を理由にしたり、他にもさまざまな理由で職場を離れることがありますが、一度職場を離れて復帰する時にはどんな職場でも新人になることを忘れてはいけません。例えばとても長く働いていた職場に復帰をするなんていう場合には自分よりも年齢の若い看護師が働いていることもありますが、このような看護師に対して自分が先輩だと偉ぶってしまうのではなく、復帰して新しく働く新人としての意識が必要になってきます。

短期間職場から離れるというのであれば仕事を忘れてしまうようなこともありませんが、長期間に渡り現場を離れた場合には、やはりその間に頑張っている看護師さんがいますから、復帰する時には新人として職場に戻るっていうのが一つの礼儀だと思います。また過去に仕事をしていて慣れているからといって自信満々に復職するよりも、新人として新たな気持ちで仕事をする方が頑張っていくことができますから、こうした気持ちを忘れてはなりません。

気持ちを持つことが大切。でも仕事はしっかりと

同じ職場で違う職場であれ復職をする際には新人としての気持ちがとても大切ですが、だからといって仕事内容に関しても新人になってしまうというのは少し違ってきますよね。やはり過去に経験を持っているのであれば、そういった経験を生かしていかなくてはならないので、気持ちそのものは新人として自然な気持ちで構えていても仕事に関してはしっかりと過去の経験を生かして頑張っていくようにしてください。久しぶりの現場だからと言って仕事をしないでサボっていたら、年齢の若い看護師などから信頼を得ることができないし、極端な話、職場でもバカにされてしまうことがあります。自分が離れている間に新しい企業が生まれ、わからないことがある場合には正直に他の看護師に聞くということが大切だと思いますが、復職したばかりで要領が分からないからといって、あえて仕事をしないでいたり、楽な仕事ばかりを選ぶなんていうことはしないでください。

復職までのブランクに関わらず、しっかりと前向きに頑張っている看護師というのは誰からも好かれるし尊敬されると思います。あくまでも低姿勢でいることが大切ですが、低姿勢でいることと仕事で手を抜くことは違うので勘違いしないようにしましょう。久しぶりの職場で要領がわからないなんていうのは、復職して働く場合あれば誰でも同じように感じることだと思いますが、こうした部分についてもある程度の時間をかけながら感覚を取り戻していくようにしましょう。