笑顔を貫くこと

看護師が働いていく上で忘れてはならないことの一つに笑顔を貫くということがあります。看護師の仕事というのは笑顔ばかりではなく、時には辛いことだってあるし、イライラしてしまうなんていう事だってあります。でもそんな時に自分の気分を表情に出して仕事をしていたら、もちろん患者さんにもそういったモチベーションが伝わってしまい、無駄に患者さんを不安にさせてしまったり、格差の気分を悪くさせてしまうなんていうことがあります。ですからどんな時でも笑顔を絶やさないように働いていかなくてはなりません。看護師は白衣の天使ですから、やっぱり笑顔を貫くということはとても大切ですね。

看護師は白衣の天使と言われているのはこのようにいつでも笑顔でいてくれて患者さんの心強い味方になってくれるからです。それなのに看護師が自分の気分次第で表情を変えていたら、患者さんからの信頼を得ることはできないし、職場で人間付き合いだって上手くいかなくなってしまいます。看護師に関わらず仕事をしていれば辛いことがあったりすることもあるし、プライベートでも辛いことがあれば、笑顔で仕事をするのが難しい時だってあります。でもここはやはりプロですから、プライベートと仕事をしっかり割り切って笑顔で患者さんに接していくようにしましょう。

ナースではたらこってどう?評価と口コミ大公開!

患者さんから笑顔をもらうこともある。

看護師は常に笑顔を心がけながら仕事をすることが大切ですが、これだけではなく看護師が少し落ち込んでいるなんて言う時に、患者さんから反対に笑顔をもらうことだってあります。このように患者さんと持ちつ持たれつの関係でいることが大切だし、患者さんに笑顔をもらうことができれば、今後自分が頑張っていくためのモチベーションにつなげていくことができますよね。

患者さんから一つの笑顔をもらったら、自分が患者さんに返せる笑顔を数倍に増やせるように、常にモチベーションを高く保ちながら仕事をすると良いでしょう。辛いことや悲しいこと、そして頭にくることというのは誰にでもあることですが、このような感情を持っているというだけでも幸せなことだと思い、自分の中で上手に消化していくことができれば、看護師としてどんどん成長していけるのではないでしょうか。また自分が患者さんに対して行っていることは、もちろん仕事の一つになりますが、それだけではなく、人として接しながら様々なことを学んでいくという意味でも、笑顔でいたほうが吸収できることが沢山あります。