結果ばかりを求めない

看護師の中には常に結果ばかりを求めてしまう人がいます。医師から認められたいという結果や、同じ職場で働く看護師の中でも、患者さんからの人気が一番高くなければ嫌。なんていう看護師さんがいるようですが、このように結果だけを求めて働いていても、メリットはないと思います。確かに患者さんから人気が出るなんていうのは看護師として働いていく中でとても嬉しいことだと思いますが、このような部分ばかりにこだわって仕事をしていると大切な部分を忘れてしまったりすることがあります。患者さんからの人気が出るというのはもちろん患者さんに対しての接し方が良いから人気が集まりますが、こればかりではなく、例えば患者さんが苦しんでいる時などには他の患者さんに媚を売っていないで迅速な対応もしなければなりません。また反対に、患者さんが困ってる時に助けたにもかかわらず、あまり患者さんから好かれていないなんていう時にも結果を出すことができなかったとがっかりするような看護師さんがいますがわ看護師の求める結果というのがそもそも明確ではありませんよね。

できるだけ多くの患者さんが元気でいて退院をしたり、安心して治療が受けられるような環境作りをしていく手助けをしていくというのが看護師の仕事であり目標だと思いますから、結果というものはそもそも見つけるのが大変だと思います。例えば自分の中で一つ目標を決めて、その目標を達成するために頑張っていくのは良いと思いますが、頑張ったからといって必ずしも医師に認めてもらえるわけではありません。医師に認めてもらうことやお給料が高くなることといった結果ばかりを求めて仕事をせず、1人でも多くの患者さんとしっかりした信頼関係を結び、患者さんの笑顔を増やしてあげられるような看護師を目指していきましょう。

看護転職を始める前にすべきこと.net

結果を自分で求めていかないこと

看護師の仕事というのは例えばサラリーマンのように頑張れば半期の給料が上がったり、会社で表彰されたりするようなものではありません。時には患者さんから感謝の手紙が届いたりすることもありますが、こういったことはあくまでも結果ではなく、看護師として働いていく過程となりますよね。ですから、あえて看護師として働いていく中での結果を追い求めてしまう前に、自然体で働いていくというのも大切なことだと思います。結果ばかりに捕らわれていると仕事がしにくくなってしまうし、自分らしさを忘れてしまうことだってあります。

患者さんと接していく中で、フィーリングの合う患者さんやそうではない患者さんなどがいますが、これは当たり前のことだしその中でも、やはり自分らしさをしっかりと忘れずに仕事をしていくことによって、自分の良さをわかってくれるような患者さんにも出会えると思います。また、医師や同じ職場の看護師も同じで、結果を求めるよりも、一緒に頑張って行く姿勢が大切です。