看護師として働き続けるには

看護師として働いていくためには常に心がけていなければならないことが沢山あります。そのため看護師の仕事というのは本当に大変だと言われているのですが、まず看護師として働いていく上で最も重要に思っていなければならないことがあります。それは、看護師の前に1人の人間だということになります。ですから看護師として患者さんに接してあげることだけではなく、1人の人間として接してあげることも大切になりますね。病院での治療等に関してはもちろん看護師として接していくことになりますが、入院している患者さんなどに比べれば当然看護師は専門知識を持っていることが当たり前になります。だからといって専門用語を使って患者さんに説明をしてしまったりすれば、患者さんは意味不明な説明に理解ができず混乱してしまうようなことだってあります。

また治療や診察の結果に対して不安を感じているような患者さんに対し不安を感じるのは当たり前なんて思いながら看護師を続けているようでは良い看護師にはなりません。やはり看護師である前に人として接していくことも大切ですから、患者さんが抱えてる不安などを少しでも取り除いてあげることができるように心から患者さんに接していくようにしてください。看護師である前に人であるということを忘れないで患者さんに接していれば、必ず患者さんとの信頼関係を築くことができると思います。

時には本音で語り合うことが大切。

患者さんと本音で語り合うなんて言ったらテレビドラマの影響を受け過ぎているなんて思う看護師さんもいるようですが、実際にもやはり人間なので本音で語り合うことが必要な時があります。特に中々心を開いてくれない患者さんや、様々な悩みを持っている患者さんの場合には看護師の心を開いて接することによって、患者さんの気持ちそのものも少しずつ楽になっていきます。

看護師が看護師として働いていくためには心を見せていけないわけではありませんし、本音で接していくのはとても良いことだと思います。中々できることではないと思いますが、あえて患者さんに対し看護師が本音でぶつかっていくことによって、看護師の真剣な気持ちも患者さんに伝わるし、患者さんがこれまで胸の内に秘めていた悩みや不安などを打ち明けてくれるきっかけを作ることができます。こういったきっかけはどんなタイミングで訪れるかわかりませんので、どのタイミングでタイミングが訪れてもキャッチすることができるように、患者さんに対して、本当の自分の心を見せるという事も必要だと思いますよ。